石川県農業開発公社の概要

○実施している事業
 1 農地関係事業
    (1) 河北潟干拓事業や奥能登の農地開発事業によって造成された農地の販売や貸し付けを行っています。
    (2) 河北潟干拓地においてふれあい農園(市民農園)を運営しています。
 2 畜産振興・受託放牧事業
   辰口、富来の2箇所の放牧場で、県内の畜産農家から預かった子牛や若い雌牛の受託放牧事業を行っています。
 

○沿 革

  昭和45年 1月  公社設立総会
  昭和45年 2月  民法第34条の規定によって知事認可
  昭和46年 3月  農地保有合理化法人として知事指定
  昭和46年 4月  モデル農場用地造成事業、農業機械銀行設置事業および
            公用公共用地取得事業開始
  昭和47年 4月  公社牧場設置事業開始 
  昭和48年 4月  休耕水田買入事業実施
  昭和50年 4月  公社単独農地造成開始
  昭和51年 4月  押水・辰口放牧場と内浦駐在所の受託放牧事業および
            草地造成管理受託事業が県から移管され、公社運営開始
  昭和52年 4月  農地開発利用促進事業実施
  昭和56年 5月  押水放牧場に隣接して、牧場公園を開園
  昭和59年 4月  内浦放牧場完成、公社運営開始
  昭和61年 4月  河北潟干拓事業完了に伴う河北潟干拓農地保有合理化
            事業開始
        4月  農用地利用増進対策事業の資金貸付開始
       11月  富来放牧場完成、公社運営開始
  昭和62年 4月  湖南運動公園施設管理を県から受託、事務所新設
        4月  低コストハイブリット肉牛実験展示事業開始
  昭和63年 4月  農地流動化助成金交付事業開始
  平成 元年 2月  河北潟干拓地内生産団地整備事業に係る資金貸付を開始
        4月  原分場において、受託哺育事業を開始
        4月  高生産性農業構造確立流動化対策事業開始
  平成 4年 4月  能登牛生産拡大事業(ET産子の買取育成、売却)開始
  平成 7年 9月  河北潟干拓地ふれあい農園の開設
  平成10年 4月  有機畜産展示圃設置事業開始
  平成13年 3月  湖南事務所廃止
  平成15年 4月  林業公社と管理部門の統合
        9月  押水放牧場廃止
  平成16年 3月  富来放牧場原分場を富来放牧場に統合
        4月  農地課、畜産振興課を農畜産課に統合
        4月  林業公社と総務課を統合
    平成19年 3月  牧場公園廃止
  平成24年 3月  内浦放牧場廃止
    平成26年 4月  社団法人から一般社団法人へ移行
 
○職員の構成(平成28年4月現在)
 
県職員 派遣職員14名 委嘱職員 6名 計 20名
公社職員 専任職員13名 嘱託職員22名 臨時職員 4名 計 39名
団体役員     4名
合    計   63名

○組織図  詳しくは財務情報へ

○所在地  事務所・放牧場の位置・連絡先